大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai




供養の後継者がいないので、墓が絶えてしまう。
通常は後継者が不在となると、無縁仏になってしまいます。
大安寺では、後継者がなくても永代供養できる仕組みがあります。
永代供養のイラスト.ai


独立した子供達に、親の供養で負担をかけたくない。
親が亡くなれば、必然的にお子様に、供養の責任が発生します。
事前にご相談頂ければ、お子様へ供養のご負担はありません。
永代供養のイラスト.ai


菩提寺が無く、新たな墓の建立も資金的に困難だ
分家の場合、新たな墓地の建立には高額な支出が必要となり、
後継者の存続も不可欠です。当寺の永代供養なら安心です。
永代供養のイラスト.ai


子供は娘だけなので、絶家となって供養も絶える。
娘さんは多くの場合嫁がれますので、現状の供養では、 
家の供養を継承できません。そんなご事情でも大丈夫です。
永代供養のイラスト.ai


伴侶に先立たれ、一人残された自分の供養が心配。
独居世帯となった場合、ご自身の供養の事は不安です。
大安寺にご相談ください。お一人でも永代供養が可能です。
永代供養のイラスト.ai


実家だけでなく、自分でも親の供養をしたい。
家を継いだ方が、親御さんのご供養を致しますが、
分骨して頂くことができれば、当寺でも永代供養できます。
永代供養のイラスト.ai

milk_btn_pagetop.png





供養といえば墓や納骨壇?
お身内の方や、あなた自身が亡くなった時、お墓や納骨壇にご遺骨を納めてご供養していくことが、どなたでも考えられる「供養」というものでしょう。


お墓はずっと続いていく?
菩提寺のお墓に、先祖代々祀られており、これからも続いていくもの、とお考えではありませんか?
これまでもそうでしたし、これから先も変わりなく存続していくのでは・・・?
残念ながら、そのようにはいかないのです。

墓地の後継者が必要です。
以前はどこのご家庭も大人数であり、「家」の後継者がいない、ということはあまり考えられないことでした。しかしながら、厚生労働省の調査によると2010年には一人暮らし世帯が家族世帯の割合を抜き、2035年には独居世帯が家族世帯の1.6倍になると試算されています。
家が絶える「絶家」という事態は、誰にでも確実に迫ってきているのです。

後継者不在でどうなるの?
墓地の後継者がいないと、日本中、どこの寺院でもお墓は撤去され、ご遺骨は合祀されます。法律で決まっていることです。家の存在そのものが消滅するということです。

永代供養なら解決するの?
たとえ後継者が不在でも、永代供養なら当寺が貴方に変わり、責任を持って永代供養させて頂きます。現在の供養では不安だった右のイラストのような事態にも、大安寺の永代供養なら対応ができます。
永代供養には、分骨式納骨壇による「常楽塔供養」と、ご位牌による「永代祠堂ご供養」のご供養があります。


大安寺ページボタン.ai

大安寺ページボタン.ai