大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai大安寺メインボタン.ai

大安寺全容ボタン.ai



大安寺/修証義.ai


人として生まれ得るということは、難しいことである。
さらにその上に仏の教えを聞き、仏の法を行ずるということは、この上も無く希なことである。
今、我々がそのような立場になれるのは、我々が過去世において、善い行いを積み重ねてきた結果である。
人として生まれることさえ難しいのに、さらに仏法に巡り会えたのもその所以である。
生死が流転するこの流れの中で、このように善い勝れた生き方ほどすばらしいことはないであろう。
こうした善い立場にありながら、ただ流されるままの生き方をして、
露ほどのささやかな命を、無常の風に吹かれるままに、木の葉から落ちていく命でいいのであろうか。

修証義 第一章 総序より

この全身全霊を費やした命、全うされたなら誠心誠意のご供養をしてあげましょう。

2013.10.22
2013.11.23

このサイトでもご確認いただけます。

2014.01.
常楽塔の説明会を行う予定です。詳細は決定後にお知らせします。

通常の供養では行えない永代供養とは?
これまで墓地供養や納骨壇による供養では限界があった、永代供養の新しい可能性を見出しました。

大安寺の永代供養とは。LinkIcon

“常楽塔という可能性に満ちた永代供養壇。
北海道では初登場!分骨された遺骨によって永代供養を実施します。墓地の後継者不在でも、新たな墓地建立が困難な方も安心です。

常楽塔永代供養とは。LinkIcon

ご位牌を永代祠堂にて永代供養致します。
伝統のご位牌による永代供養を実施します。大安寺の永代祠堂に安置されたお檀家の家系をお祀り致します。

永代祠堂とは。LinkIcon